男の責任、女の迷い


前回は、韓国の童貞、処女事情についてでしたが今時そんな!みたいなことでした。

男性諸氏は今でもやっぱり処女願望があるのだろうか? もしかしたら処女なんて言うと、ちょっと 怖がられるのではないだろうか? その後責任取らないといけなくなるかも、なんて。 みんなが慎重になっている。結婚すること、子供を産むこと。 家庭を持って仕事をやめてしまったら、経済的なことが心配だと言う人の数は 圧倒的に多いように感じる。

先日電車の中での立ち聞き話し。

目の前に座っている仕事先の同僚らしき男女の話に、思わず 聞き耳を立ててしまった。(だって大きな声で話してるからw)

男性は、キャバクラで知り合ったらしい今の彼女とのことを話している。 彼女が初めてお勤めを始めたその日に知り合って、すぐに店をやめさせて 同居を開始したんだそうな。 今では彼女は、働かずに彼の稼ぎで暮らしているらしい。

男性は何度も

「だからね、一日しかキャバクラじゃ働いてないんですよ。 あんまり派手なタイプじゃないし、水商売なんか向いてないんですよね。」

でも彼女とは結婚する気はないんだという。 なぜかというと、彼女が働かないので、この先ずーーっとオレが食わして 行くことになるのか、と考えると気が重たくなるんだそうだ。

でもしかし、お互いの親ともすでに行き来があるらしい。

同僚の女性「それじゃ働いてもらえば?」 男性「いやぁ~、それが働く気は無さそうなんですよ」

眉毛を整えすぎた30代前半であろうこの男子は、自分がどれだけ矛盾した ことを言ってるのかわかっているのだろうか? それにしても一方的にペラペラとよくしゃべるオトコだ。 女性の方が完全に聞き役。

男らしくかっこよく店を止めさせたのはいいが、責任は取りたくない。 キャバクラで知り合ったけど、彼女は全然水商売っぽくない、と何度も言うので 彼はそのことをかなり気にかけているんだとわかる。

世間体を気にしている風な割には、彼女が水商売出身だと何度も強調するのは、 実は「顔は可愛いんだよ」ってことを言っておきたいのだろうか?

最後に(私が電車を降りる直前)彼は、

「結婚しちゃうとね....僕だって将来があるし........」

あはっはははw なんだったんだ?今までの君の行動は?! 僕ちゃんの矛盾と捻れには出口がなさそうだ。 このまま妊娠でもしたらどうなるんだろう?そしてここまであっけらかんと なんでもしゃべっちゃうからには、彼の成分分析器にかけたら、単細胞だけで 出来上がってるに違いないww

しかしそれは女子だってあまり変わらないのかもしれないなぁと思う。 結婚もしてみたいし、子供も欲しい、でも自分の将来を考えたら、この人と ずっと一緒にやって行けるんだろうか?みたいな。 電車の僕ちゃんと同じ原理が、結婚できないことの根底に流れている。

私自身は特に結婚に賛成しているわけではない。 結婚は3年更新制くらいがちょうどいいのではないかと思う。 3年経ったら、また一緒に暮らすのかどうかを決めるのだ。 子供の養育は、国が全面的にバックアップをしてくれたら問題ないんじゃなかろうか? だいたい子供は国の、というより人類の宝なのだから、みんなで大切に守り育てる方が いいんじゃないかと思うのだ。

ともあれ、子供を産むも産まないも、意識的に向き合ってどんな人生を歩きたいのか 明らかなヴィジョンを持つことはもっと重要だと思える。 なんとなく30代になって、仕事がやっと楽しくなってくる頃に、結婚だの 子育てだの、面倒な問題には目をつぶっている間に、すぐに40代はやってくる。

40代ともなれば、経済的にもだいたい安定期に入って、気分的にも 「結婚?できればしたいけど....」などと余裕をかましてしまうし、40代独身男は もうモテ期は過ぎた人の方が多そうだ。(独断と偏見の当社比)

楽しい日々を過ごすのも捨て難いだろうが、女性は40過ぎたら更年期はもうすぐそこだ。 女性は生理があがっても、官能性が落ちるわけではなく、むしろ上がる。 しかし、もし子供が欲しいとちょっとでも思う場合には、早めの決断が必要だ。 そういう意味合いにおいて、女の身体には旬がある。

Vol.2 2012/11/23

#女神の集い #Tao #メルマガバックナンバー

0回の閲覧