Maturity Woman - Maria-


インド、ゴアでは本当に驚くほどたくさんの成熟した女性たちに出会った。

これは私たち日本人女性にとって、とても大事なことだと思うので、覚書として

残しておきたいと思います。

ドイツ人のマリアは、50代後半で、なんとかエキスパートという仕事を

しているそうですが、私じゃその内容について、ほとんど理解できなかったわ。

ちょっと聞いてみたら、ウェブサイトのアドレスを送ってくれました。

なんやわからんけど、きっとすごいんだと思いますw

彼女は旅好きで、インドにもほとんど毎年、1ヶ月〜2ヶ月ほど滞在していて、

他にも様々な国に旅をしたそうです。

モンゴルには一度仕事で行って、とても興味を持ったので、再度プライベートで

行って、草原の遊牧民のゲルに1ヶ月ほど滞在したんですって。

言葉は話せるの?と聞くと、それが全然しゃべれなくて、すべての会話は

身振り手振りだったそうです。

そんな旅、ありなんだね〜!

インドには未だに狂犬病の犬がいて、周りに恐怖を振りまいていますが、

彼女は狂犬病の犬を避けるために、長い枝を拾ってきて、持って歩いて、

夜道に犬がいたら危険だから、と常にトーチを頭につけていました。

いや、他の人はそれはさすがにやりません。

彼女の風貌からして、その姿はさながら「ドルイド」を想起させます。

写真を撮らせて、とは言えませんでした….。

だから彼女はけっこうな変わった人なんですが、

初めて大晦日のパーティで出会った時は、うわぁぁぁかっこええ!

存在感そのものがセクシーで、それに知性溢れる眼差しで、私を見ている

んだけど、私の後ろにある何かに目を凝らしているように感じました。

こんな目でじっと見つめられたら、もう日本人男性なんか、どぎまぎして

逃げ出しちゃうだろうな、って感じでした。

なぜか行く先々でしょっちゅう出会い、私たちはすっかり意気投合しました。

彼女は私に「こんなに真っ黒に日焼けして、よく自己表現する日本人がいるのね!

日本人は日焼けが嫌いでしょ?あなたは大丈夫なの?」

と言ってました。ええ、大丈夫ですとも。

どんなに長い間海に出ても、日焼け止めはつけたことがありません。

昔はドルフィンスイムで1週間毎日、ボートに乗って海に出たことだって

ありますが、日焼け止めはつけたことありません。

ドイツにはまだ行ったことありません。

私のイメージでは、マリアは前世はドイツの古城の奥の間に長いこと住んでいて、

そのまま現代に生まれ変わって、勝手が違うのでちょっと生きにくそうだけど、

その内側の純粋さとまっすぐさと、セクシーな威厳が、彼女の魅力に華やかさを

添えているのだと思いました。

内なる女神で言えば、アルテミスがメインで、後ろにいるのは女主人のヘラ。

でも彼女のヘラは、ドイツの古城の奥の間の住人の「威厳」で、それが

自分の女性性にくつろいでいたら、威厳もまたセクシーなのだという

新たな発見をしたのでした。

#内なる女神 #女神 #セクシャリティ