封印されたもの


もうちょっとシチリアネタで…….

シチリアにある活火山、エトナ山。

イタリア語には、女性名詞、男性名詞があるが、火山は普通

男性名詞で語られる。要するに火山は「男」なのだ。

しかしエトナの場合は例外で、エトナは「女」だ。

ハワイのキラウェアだって、富士山だって、女なんだけどね。

文化によって、男性性、女性性の捉え方は違うのだとわかる。

山の女神エトナは、鍛冶屋の神ヘーパイトス(アフロディーテのご主人)

の愛人で、彼の工房はエトナ山にあるのだそうだ。

アフロディーテはご主人のヘーパイトスをほったらかして

やりたい放題だったから、彼とエトナとできちゃってても、

さして気にならなかったのではないかと拝察するw

そして、エトナ火山の下にはオリュンポスの主神、ゼウスとの壮絶な戦いで

敗れたギリシャ神話最強最悪の怪物テュポーンが封印されており、

その姿は星々に頭がつくような巨大な竜で、

腕を伸ばせば東西の果てにも達し、百の蛇の頭をもち、目から火を噴き、

底知れぬ力を持って全く疲れを知らない不死身の怪獣なのだという。

エトナ山は今でも相当に活発な火山だが、エトナが火を噴くたびに、

地下に封印されたテュポーンが身をよじって火を噴いているのだと

地元の人は言っている。

テュポーンは(台風の語源でもある)、様々な戦いに連勝して思い上がった

ゼウスに腹を立てたガイアが生み出した怪物だ。

ティーターノマキアーにギガントマキアー、(名前からしてすごそうだ)

そして最強最悪の魔物テュポーン、「ガイア-地球」はすべてのものを生み出した。

西洋では、蛇や竜が英雄に退治される最悪の魔物として描かれる。

だからイタリアでの女神の集いで「翡翠の卵は龍の精子」というと、

微妙〜〜な顔をされる。「まずいんじゃない?龍の精子は……」

東洋では、竜や蛇は最高の聖獣神として描かれる、

と言ったところで何千年の歴史的刷り込みは一夜にして変わるわけではない。

まぁそれでも、「東洋からやってきた未知のもの」が

何か新しい境地をもたらしてくれるかも、という期待はあるようで、

それなりにエクササイズを楽しんでくれる。

それにしても、そのエトナ山の地下に封印された怪獣の話しは

私の興味を痛く惹きつける。

その封印された最強最悪の悪魔こそ、男性支配の象徴ゼウスに怒って

ガイアが生み出したものであり、封印された私たちの無意識の

領域なのだと言えるのだから。

蛇女メドゥーサは、誰でも一度くらい名前は聞いたことがあるだろう。

彼女はけっこうわかりやすい例で、Medousaとは女王、女支配者という意味だ。

ギリシャ神話の神々が登場する前の、ギリシャ、アナトリアあたりでの

古代の、そのまた古代の女性が世界を支配する時代の女神であったのだ。

「メドゥーサの落とされた首の右側の血管から流れて

右の瓶に入った血には死者を蘇生させる効果が、左側の血管から流れて

左の瓶に入った血には人を殺す力があったとされる。

アテーナーは後に、メドゥーサの頭の左側から抜き取った人を蘇生させる血を

アスクレーピオスに授け、医神といわれたアスクレーピオスは

この血を混ぜた薬を使用した。」

女神の集いの参加者は、女神の血の魔力について話したことがあるのを

覚えているだろうか?

男性性支配の始まりとともに、怪物、魔物とされて退治、封印されて

きたものたちは、太古の女神の力と支配であり、

宇宙と自然を神として敬ってきた時代のものたちだ。

まぁだから、この女性の時代、女神の時代がやってきたと言われる今、

何を失って、封印されたものが何で、忌み嫌われたものは何か、

ちゃんと見る必要はあるだろうと思う。

それこそが、真のパワーにアクセスする鍵なのだから。

《2014/3/8の過去記事を再アップ》

#内なる女神 #女神の心理学 #女神 #女神の集い

0回の閲覧