Maturity woman 樹木希林


不思議な存在感の、偉大な女優さんが旅立たれた。

お会いしたこともないけれど、何か自分なりに記録しておきたい、と思った。

この写真はウェブにだいぶ上がっていて、これを見たら一目瞭然で

実は樹木希林さんがロックンローラーで、内田裕也は可愛らしいやんちゃな

男の子みたいだ。

希林さんの醸し出す独自の雰囲気、いたずらっぽくもあるけど、内側の奥深くから

やってくる目の表情が、なんていうのかな、、、、

「来れるものなら来てみなよ。」

と言われているようだ。

岡本太郎、忌野清志郎、そして樹木希林、この人たちははんぱじゃなく

ロックンローラーで、自分の真実を生きることにかけて、この人たちほどクールで

アートな日本人は他にいないんじゃないかと思う。

病気になるのは怖いけど、病気から学んで、どうやって魂の糧として生きるのか、

その生き様を見せてくれた。

病気が悪者なんじゃない。人生は、何であれ自分に起こっていることから

どのように学ぶか、それに対して自分がまっすぐに正直に向き合っているか、

だけじゃないかと思う。

「結婚なんてのは 若いうちにしなきゃダメなの。 物事の分別がついたら できないんだから。」

「みんな離婚してね、次に良い人と出会ってるつもりでいるけど……似たようなもんなのね。

ただ辛抱が効くようになっただけで。」

「あのね、年をとるっていうのは本当におもしろいもの。

年をとるっていうのは絶対におもしろい現象がいっぱいあるのよ。」

樹木希林さんがすごいのは、毒をたっぷり含んで、毅然としている感じだと、私は思う。

成熟した本物の女を見せてくれて、ありがとうございます。

#女神の心理学 #セクシャリティ

33回の閲覧