命を取り戻すーナタラジ瞑想


BIPSのトレーナーには、「永遠の沈黙」というサニヤス名を持った先生がいる。

これも思ってもみなかった私のBIPSでのギフトの一つだ。 彼のレクチャーは毎回面白すぎる。さすが永遠の沈黙だ! 沈黙の中に真実がある。話されることの中にはたくさんの防衛がある。

OSHOを知っている世代がナタラジ瞑想をリードしてくれると

「エゴー自我の中心である踊り手を忘れ、

踊りそのものになりなさい。」

というOSHOの言葉が、生き生きと蘇ってきて瞑想の中に魂を吹き込む。

やっぱり、心理学の学びが瞑想とともになかったら、私は早々に

ドロップアウトしていたかもしれない。

そして

「いのちがエゴに引きずり回されている。 いのちを取り戻しなさい。」

という「永遠の沈黙」先生のスーパーヴァイズは、私のそれまでの

忙しさの中に、染み渡るように入ってきた。

「ああ、そうです。今私は自分のエゴに引きずり回されている

ということを受け入れました。」

という言葉を口の中で、ハートの中で、美味しい飴をころがすように

味わってみた。

「「あなた」が踊っているのをすっかり忘れ、 自分が踊りそのものだと感じるほど深く踊りなさい。 区別、分 裂は消えなければならない。 そうしてはじめて、踊りは瞑想となる。

踊りと踊り手のあいだに区別があれ ば、それは一種の体操だ。 健康的でいいものだが、霊的精神的とは言いがたい。 それはただの踊りに すぎない。 踊り自体はいいものだし、それはそれですばらしい。 踊った後には、新鮮で若々しく感じる。

だが、それはまだ瞑想ではない。 踊り手が消え去らなければならない、踊りしか残らなくなるまで----。

OSHO」

ナタラジの中で、エゴがいのちに溶けていって、

いのちがエゴを包み込むのを見た。 頭が丹田に向かって落ちていく。 頭がハートに向かって落ちていく。 いのちが丹田から吹き出して、エゴの方まで昇り詰めて包み込む。

いのちがハートから溢れ出してエゴを包み込む。

「踊っている」というDoingをすっかり忘れて、私が踊りというDoing

そのものになったら、もうなんの区別も分裂もなく、どんな葛藤も消えていく。

私のエゴのDoingは、踊りに溶けていって、踊りそのものになる。

なんというシンプルさ!

複雑さや多忙さは、エゴの作り出したドラマなのだ。

今の私にとって、というよりも、私が生きて行く上で、 それも、私のやり方で生きていこうとする上で、これ以上に大切なことはない。 私が世界に届けていきたいと思うことは、まさにそれなんだから。

まさかBIPSでもサニヤシンに出会うとは思ってもいなかった。

BIPSは私に、真実で居続けるための道をつけてくれる。

BIPS公開連続講座

タオ・ダンス&メディテーション

#女神の心理学 #BIPS