2度目の遭遇ー死ー


2回目の死との遭遇は、たまたま出かけた健康診断で

「心臓麻痺の跡がある」

と言われた時だった。

えっっっっ、心臓麻痺?どういう症状になるわけ?

確かにその頃、ストレスでいっぱいで体調は万全とは言えなかったが、心臓麻痺とは?!

それにしても心臓が痛いとか、苦しいとか、全然覚えはないんだけど。

寝ている間に、知らない間に死んじゃうんだ!

なんの準備もないままに死ぬのは、子供がいる場合厳しいんじゃない?

ちょっと待ってよ!もう少し時間が欲しいよ!

だいぶ慌てて友人のご主人の循環器の先生に相談したら、

「もう一度病院に行って検査受けてきて、下手な検査だと

そういう結果出ることもあるから。」

再度検査に行くと、なんともなかった。

もうぅ、脅かさないでよ。

それにしても、2度目の覚悟のなさをじっくり堪能した。

口ほどにもないやつだ。

ぽっくり逝きたい、とほとんどの人は思うかもしれないが、

死ぬってことはけっこう準備が必要、というか、準備期間があったほうが

いいんじゃないだろうか。

長いこと生きて、大往生なら死ぬ時期って、自分でもわかるものだというし。

最近ずっとこのことを書いておこうなんて思い始めたのは、

何かのサインかもしれないし。

なんであれ、人生を閉じる準備ができるというのは

幸運なことなのかもしれない。

#死について #女神の心理学

0回の閲覧